ゆとり社会人の備忘録

仕事クビになったのでブログはじめました

コミュ障治すためにヒッチハイクしてみた結果www①

どうもコミュ障引きこもりデブ根暗ニートです。

そろそろ跳満ぐらいにはなりそうです。

 

 

コミュ力って謎なものですよね。

心理学勉強したりメンタル強くするために表舞台に積極的に出たりで鍛えられるかと思いきや、私のように年々衰えていく人もいます。

 

小学校ぐらいまでは割りとコミュ力あったような気がしたんですけどねえ。

なんなんでしょうねこれ。

 

 

そんな感じの袋小路に迷い込んでしまった当時大学生の私は修行をすることにしました。

無理やりコミュ力ある人の真似をしてみればきっとコミュ力があがるに違いない!

目指せ脱コミュ障!

 

ということでヒッチハイクしたよ!!

 

※変な方向にだけ思い切りがいいのが持ち味です。

 

準備

まず必要なものを用意します。

今回は車が捕まらなかった場合すべて自分で運ぶ必要があるので、最低限のものに絞らなくてはなりません。

厳選した結果、最低限の衛生用品と着替え、スケッチブックのみとしました。

 

期間

決行するのは夏休みに決めました。

夏休みが2ヶ月ある大学生さまさまです。

最大3週間ぐらいでいけるところまでいく感じです。

 

目的地

ヒッチハイクといえば猿岩石・・・みたいなイメージの人も多いのではないでしょうか。

私?私はこちらの映画です。

www.youtube.com

 

まあなんていうか不登校の少年がヒッチハイクで屋久島までいって人生とはなんたるかを知るみたいな映画だった気がします。

なんとなく大学生で人生に迷っているところもあったのでこの少年のもやもや加減とマッチしたので目的地は屋久島としました(鹿児島からフェリーでいったところ)

 

マイルール

せっかく宮城県から鹿児島までいくのであれこれ自分に制約をつけていきたいと思います。

ルールを決めておかないと自分に甘くしてしまう可能性もあります。

そんなわけで決めたルールは以下の5つです。

 

ルール1:

10台以上の車に乗せてもらって鹿児島までいく(人との会話もメインなので宮城から鹿児島までいくトラックに乗せてもらうとかはNG)

 

ルール2:

なるべく多くの県を渡り歩きたいので毎日必ず移動(2日以上の滞在はNG)

 

ルール3:

タクシー電車移動はNG(なんのためのヒッチハイクだと)

 

ルール4:

お風呂はなるべく入る(ヒッチハイクって不潔なイメージありますよね)

 

ルール5:

安全第一(ルール5にして登場するあたり第一に考えてないのがバレバレ)

 

まあこんな感じです。

 

さーて次回からはいよいよ出発です。

 

 

つづく