ゆとり社会人の備忘録

仕事クビになったのでブログはじめました

競馬ってあれだろ?ワンカップ持ったおっさんが熱中するスポーツだろ?①

競馬ってあれだろ?ワンカップ片手に声の大きいおっちゃんが熱中しているスポーツだろ?

 

そんな偏見を持っていた時期が私にもありました。

まあ実際そういうおっさん多いんですけどね。

 

先日、人生初の競馬場へ行ってきたのでその感想を書いていこうと思います。

 

競馬とは

そもそも競馬ってなんなのか。ってところからいきます。

実は恥ずかしながらギャンブル関係に疎くて未だにパチンコのやり方からして知りません。

その時は一緒に行った人に教えてもらってその場しのぎでなんとかなりました。

ざっくりなにかって言うと国が管理している公営ギャンブルですってこと覚えておけばOKです。

馬が一斉に走って、どの馬が上位にくるか当てる。

当たったら掛け金に応じて賞金がもらえるぐらいの解釈でOKです。

 

競馬場について

行ったのは京都競馬場です。

淀駅にあります。周辺には誇張なしで競馬場以外になんにもないところでした。

 

土曜日に行ったのですが電車に乗っている人が全員淀駅で降りはじめてこんなに競馬場って賑わってるんだ!!って感動しました。

 

(一緒に行った人曰く、その日は特に大きなレースがあったわけでもなかったのでいつもより人が少なかったそうです。駅の改札がやけに広々としていたんですが通常はそれが一杯になって渋滞になるとかなんとか)

 

そんでもって競馬場についてまず思ったのが

 

めっちゃ広い&大きい&きれい

 

自分の中で抱いていた競馬場のイメージが崩れ去りましたねほんと。

フードコートもレストランもあるし、ふれあいコーナーみたいなのもあるし初心者講座みたいなのもあるし、レースを行っているコースとの距離も近い!!

デートコースとして全然ありじゃねこれって感じです。

競馬場で働いているお姉さんもめっちゃきれいな人ばっかでテンションあがります。

 

 

馬券について

馬券ってのがいわゆるBetするコインの役割です。

100円単位で最低100円から買うことができます。

勝馬投票券ってのが正式名称だったりします。

 

この賭け方ってのが沢山種類あります。

単純に1位になる馬を当てる「単勝」という賭け方から

1位から3位までの馬をドンピシャで当てる「三連単」まで色々な種類のものがあります。

 

そして賞金である「配当」はその難易度によって変わってきます。

100円買った分に対して何円返ってくるのかって表示形式です。

「三連単」はやっぱり当てるのが難しいのでその分高配当になります。

 

 

馬券の買い方

さて、それじゃあどの馬券を買えばいいのか。

初心者的にはまあ以下の3種類買っておけばいいかなと思います。

 

「単勝」

→1位となる馬を当てる馬券です。単純に一番早い馬を当てればいいだけなのでシンプルでわかりやすいです。配当はだいたい300円ぐらいのイメージ。

 

「ワイド」

→ちょっと複雑になります。3着以内に入る馬を2頭当てます。

配当は2000円ぐらいのイメージ。

 

「三連単」

→一番むずかしい馬券です。1着、2着、3着の馬を完璧に当てます。

1着、3着、2着だったとかでもダメです。順番も完璧に当てないと行けないのがポイント。配当は10000円ぐらいのイメージ。

 

ちなみにここでイメージで紹介している配当ですが、順当な結果になればなるほど配当は安くなります。めちゃくちゃ強い馬が1頭だけいましたって場合はそりゃそうだよねってことで配当は安くなります。

逆にそんな状況で他の馬が買っちゃった場合には配当が高くなりますので如何に人気のない馬を1着になるのを当てられるかみたいなとこはあります。

 

 

どうやって当てるのか

さて、ではどうやって当てたらいいのか。

まずは勧められるがままに競馬新聞を買いましょう。

当日のレースについての馬情報が載っています。過去のレースの結果や、新聞記者の予想など有益な情報を読み解いて、自分が買う馬を決めます。

 

参考にする情報は

当日のレース状況だったり、前回レースからの馬の体重比、馬に乗る騎手、過去の成績、レース展開、血統などなど。

 

参考にすべき情報は沢山あるのですが、確実にくる馬を当てるのは難しいです。

どの情報が一番優先度高いのかもわかりません。

 

まあその試行錯誤して当てるのが楽しいと思いました。

当てる当てるって必死になりすぎるのはちょっと野暮って気もしないでもない。

 

当日の結果

さて、競馬場デビューの私の結果はなんと!!

 

 

結果:5000円の寄付

 

 

ビギナーズラックとはなんだったのか。ふぁっく。

大穴狙いと、無難に競馬新聞の1番人気通りに買ったのに。。

ということで次回からはガチで当てにいくために試行錯誤する話しです。

 

つづく