ゆとり社会人の備忘録

仕事クビになったのでブログはじめました

ニートが「ピザ窯・パン窯の作り方」を読んでみた結果www

さてはてブログ初心者なので今日は写真のアップロードの仕方を確認したいので持ち物レビューを行います。

といってもそんなに家電製品だったり便利グッズを持ってないので当面のレビューは本がメインになりそうです。

この持ち物レビュー①がいくつまで伸びていくのか。

そう、それこそピザのチーズのように伸ばしていきたいと思います。

(うまくない) 

f:id:tamanegikensiXXXX:20170404004145j:plain

 

基本情報

書籍名:ピザ窯・パン窯の作り方 (学研ムック DIYシリーズ)

著者:ドゥーパ!編集部  

出版社:学習研究社

 

購入動機

この本を買うにあたって、まずは私のピザ愛について軽くお話しておかなくてはなりません。

実は一時期ピザ作りにはまっていた時期がありまして、いつも強力粉から生地作りして適当にトマト缶とチーズと家庭菜園のバジルを散らせばビールによく合う!ウィスキーにも合う!ワインにも合う!と毎日晩酌のお供にピザを同伴させていたわけです。

※ちなみにコーラ単体ではなんか砂糖水を飲んでる罪悪感にかられるんで必ずジンとかウィスキーで割って飲みます。

 

やっぱデブてきにピザは必要です。デブニーズピザ。

なお、よく聞く「ピザなのかそれともピッツアなのか議論」に関してはアメリカがピザでイタリアがピッツアってことだけ覚えておけばテスト対策はバッチリなのでそれだけ覚えておけばよいです。

 しかしですよ、いくらデブでもね、毎回同じことやってると飽きがくるわけですよ。

おれは一生砂糖水を売って暮らしていくのかと。

ちがう、オーブントースターでピザを焼いて満足していくのかと。

やっぱり人間たるものよりよいものを目指したいじゃないですか。

ワイルドにピザ窯に長いチリトリみたいなのでピザ放り込んでビール飲んで「やっぱピザ窯で焼くピザは最高だぜ!そう思うだろボブ!」って仲間と一緒にやりたいじゃないですか。

そんな煙だしていいような住居環境じゃないし、友達いないし、ピザ窯も持ってないし、ボブってだれだよって話しですけどね。

 

そんな老後の夢もやっぱり実現可能かどうかを調べる所から始めるわけです。

ネットで調べればある程度のことはわかるけどやっぱり本で読むと、作り方だけじゃなくてそれに付随するいろんな情報集まるから楽しかったりしますよね。

というわけでこの本を買いました。  

 

ざっくり解説

基本のピザ窯の作り方からデザイン性の高いピザ窯、格安簡易式ピザ窯の作り方までこれ一冊でわかります。

 

いいところ

ピザ窯情報だけなく、ついでにピザ生地の作り方まで書かれています。

でもやっぱり憧れのピザ窯に手が届く、夢が現実になるっていうこの感覚が一番のオススメどころです。

その気になれば1週間で予算5万円ぐらいであなたの自宅にピザ窯がやってくるってことが書いてあります。夢がひろがります。

 

○○な人にオススメ!

デブな人には波長が合うでしょう。

 

まとめ 

耐火モルタルとか自分で練ったりするのが大変そうだったけどいずれやってみたい。

いずれやってみたらブログで報告したいと思います。

ピザに興味がある人は読むだけでも楽しいですのでおすすめ。

絶対みてくれよな!

  

おしまい